インビザライン矯正ガイド

(専門医監修)インビザラインは痛い?痛くなるタイミングと対処法を徹底解説

  • LINEで送る

この記事は、関西随一のインビザライン公式プラチナ認定医 芦屋M&S歯科・矯正クリニックが監修しています。

こんにちは。芦屋M&S歯科・矯正クリニックです。歯並び矯正について正しい知識を身に着けましょう。
Dr.松岡
Dr.松岡

インビザラインは痛いって聞いたけど本当?
どんな時に歯に痛みを感じるの?
痛くなったら鎮痛剤を飲めばいいの?

マウスピース矯正でもワイヤー矯正でも、歯の矯正には「痛い」イメージがあるようです。

インビザラインも痛くて耐えられないのではと心配な方も多いのではないでしょうか。

インビザラインは他の歯科矯正法よりも治療中の痛みが出にくいとされています。
Dr.松岡
Dr.松岡

でも治療の段階によって、痛みの出やすいタイミングがあるのも事実です。

この記事では以下の点について説明します。

  • インビザライン矯正痛みが少ない理由
  • インビザライン矯正で痛みが出やすいタイミング
  • 痛みを回避する方法

痛くなりやすいタイミングと対処法を知っていれば、むやみに心配せずに治療を始められるでしょう。

インビザラインに向いている人・不向きの人、施術の流れについては以下の記事をご覧ください。

インビザライン矯正は痛い?

芦屋M&S歯科・矯正クリニック本院予約 医療法人社団 芦屋M&S歯科・矯正クリニック JR駅前院予約

インビザライン矯正プラチナ認定の芦屋M&S歯科・矯正クリニックのオンライン予約はこちらです。

インビザライン矯正は、従来のワイヤー矯正などの他の矯正方法と比べて痛みは少ないとされています。

もともとが、ワイヤー矯正を受けてあまりの痛さや不快感に辟易した学生が、マウスピースを本格的な歯並び矯正に活用しようと開発したのがインビザラインの始まりです。

インビザライン矯正は痛みが全くない治療法ではありません。
Dr.松岡
Dr.松岡

どの矯正法であっても、歯を正しい位置に移動させるため力をかけるからです。

それでも、インビザラインが他の矯正法に比べて痛みが少ないのには理由があります。

インビザラインはなぜ痛みが少ないのか

インビザラインが他の矯正よりも痛みが少ない理由は、その矯正の仕組みにあります。

インビザライン矯正では、以下のように歯をゆっくりと動かし矯正していきます。
Dr.松岡
Dr.松岡
  • 1週間〜2週間ごとにマウスピースを交換する
  • 1つのマウスピースで0.25mmずつ歯を動かす
  • 1ヶ月ごとに歯を0.5mm〜1mmずつ動かす

一方、ワイヤー矯正は1ヶ月ごとに歯を1mm〜2mm動かし矯正します。

インビザライン矯正の倍以上の移動量です。

それだけ動かすためには、歯を引っ張る力も強くかけなければなりません。

インビザラインは同じ矯正時間で、ワイヤー矯正よりもゆっくりと歯を動かします。

歯を移動する際にかかる力が緩やかなので、感じる痛みも軽減されるのです。

インビザラインで痛みを感じるタイミングは?

インビザラインで痛みを感じやすいタイミングは以下の7つです。
Dr.松岡
Dr.松岡
  • マウスピースを初めて着ける時
  • 次の段階のマウスピースに交換した時
  • 顎間ゴムの装着時
  • IPRの処置をした時
  • マウスピース着け忘れ等で歯の位置が戻った時
  • マウスピースを着け外しする時
  • アタッチメントが口内に当たる時

マウスピースを初めて着ける時

インビザラインのマウスピースを初めて着ける時に痛みや違和感を持つ方は多いようです。

マウスピースは歯にぴったりとフィットさせなければならないため、締め付け感を感じるかもしれません。

しかも、一日20時間以上マウスピースを着け続ける必要があります。

通常は数日で締め付け感や痛みのピークが過ぎて、痛くなくなる方が多いようです。
Dr.松岡
Dr.松岡

でも痛みが長引いて耐えられないと感じれば、痛み止めを服用して構いません。

次の段階のマウスピースに交換した時

マウスピースを次の段階のものと交換した時、痛みが出る事もあります。

インビザラインは、1週間〜2週間に一度、マウスピースを交換しながら治療を進めていきます。

新しいマウスピースは、ひとつ前の物より少し位置をずらして作っています。
Dr.松岡
Dr.松岡

交換直後の新しいマウスピースにより、歯に力がかかり痛みが出るかもしれません。

顎間ゴムの装着時

顎間ゴムは、噛み合わせを整える処置をする時に着けます。
Dr.松岡
Dr.松岡

インビザライン矯正との併用で顎間ゴムを着ける時、痛みを感じることがあります。

矯正用のゴムを引っかけて上下の歯を動かす際に、引っ張られるような痛みを感じる患者さんもおられます。

IPR処置をした時

IPRは、歯を移動させる空間を作り出すために歯を削る処置です。

歯と歯の間をヤスリで0.2mmほど削ります。

ごくまれに、削った後染みるような痛みを感じる人がおられるようです。

そのような場合、「染み止め」薬剤の塗布で対処できるでしょう。

幸い、芦屋M&S歯科・矯正クリニックでは今までにIPRの処置後に染みる症状を訴えてきた患者さんはおられません。
Dr.松岡
Dr.松岡

マウスピース着け忘れ等で歯の位置が戻った時

長時間のマウスピース着け忘れ等で歯の位置が戻ると、再び装着した時に痛みを感じます。

インビザラインは、マウスピースを毎日20時間以上装着しなければいけません。

たった数時間の着け忘れでも、歯が元に戻ることがあるようです。
Dr.松岡
Dr.松岡

マウスピースと実際の歯のズレにより、痛みや違和感が出る事もあるでしょう。

着け忘れる時間が長くなると、痛みだけでなく矯正治療に悪影響を与えるので注意しましょう。

マウスピースを着け外しする時

マウスピースを着け外しする際に、痛みを感じることがあります。

着脱に慣れるまでは、余分な力が歯にかかり痛みを感じるかもしれません。

アタッチメントが口内に当たる時

インビザラインでは、マウスピースを歯にフィットさせるために歯の表面にアタッチメントという小さな突起を装着します。

アタッチメントは、プラスチック素材のデコボコした形をしています。
Dr.松岡
Dr.松岡

アタッチメントが口内に当たると、口唇や頬粘膜に擦り傷を付けることがあります。

マウスピースを外して飲食や歯磨きをする時などは特に注意が必要でしょう。

インビザラインで痛みを少なくする方法

インビザラインで痛みを感じる時は、硬い食物を噛まずに安静にしましょう。

それでも痛みが治まらない場合は、以下の方法で対策をしてください。
Dr.松岡
Dr.松岡
  • 痛み止めを処方してもらう
  • 一つ前のマウスピースに戻す
  • アナイラーリムーバーなどの専用器具を使ってみる
  • 歯科医に相談する

痛み止めを処方してもらう

痛みを感じたら、我慢せずに痛み止めを飲んでください。

痛み止めは、歯科医が処方するものもあります。

もし手元に痛み止めがなければ、市販の鎮痛剤でも大丈夫です。
Dr.松岡
Dr.松岡

鎮痛剤を服用しても、痛みが軽減しないこともあるかもしれません。

虫歯や他の原因の可能性もあるので、早めに歯科医に相談しましょう。

一つ前のマウスピースに戻す

交換後のマウスピースに慣れるまでは、痛みや違和感が強く出る場合があります。

対策として、一つ前のマウスピースに戻してみましょう。

新しいマウスピースへ交換した時は、それまでとは違う矯正力が歯にかかるからです。

一つ前のマウスピースを数日着用してから、次のものに交換してみましょう。
Dr.松岡
Dr.松岡

この対策により、痛みをあまり感じなくなったケースもあります。

アナイラーリムーバーなどの専用器具を使ってみる

マウスピースの着脱時にどうしても痛みを感じる場合は、アナイラーリムーバーなどの専用器具があります。

専用器具の代わりに、薄くて先の小さいスプーンを使うこともできます。

ただし、手元に手ごろな器具が何もない場合も多いでしょう。

ですから、できるだけ道具を使わずにマウスピースを着脱できるようになることをお勧めします。

芦屋M&S歯科・矯正クリニックでは、インビザライン装着の初回時に着脱の練習を実際にしていただきます。
Dr.松岡
Dr.松岡

どうしても上手に着脱できないとか、爪が長いので着脱が困難な方には専用器具をお渡ししていますのでご相談ください。

歯科医に相談する

痛みが治まらない場合は、早めに歯科医に相談してください。

マウスピースを調整したり、ワイヤー矯正など他の矯正法との併用も考えてくれます。

矯正処置以外から来る虫歯などの原因も見つかるかもしれません。

注意したいのは、痛みのため自己判断でマウスピースを長期間外してしまうことです。
Dr.松岡
Dr.松岡

計画通り歯が移動しなくなり、治療が余分に長引く恐れがあります。

痛みが長く続く場合は、早めに歯科医に相談しましょう。

まとめ

インビザラインは、少しずつ歯を移動させるので多少の痛みを感じることがあります。

それでも、ワイヤー矯正など他の矯正法よりも少ない痛みで治療できます。

ほとんどの場合には回避法があり、痛みを軽減・緩和できます。

耐えがたく感じる痛みがしばらく続く場合は、早めに歯科医に相談しましょう。
Dr.松岡
Dr.松岡

インビザライン矯正の実績が豊富な矯正歯科医であれば、痛みを抑えつつきちんと治療を終えるようサポートしてくれます。

インビザライン矯正をしたい場合は、実績があり経験が豊富な矯正歯科を選ぶと安心です。

芦屋M&S歯科・矯正クリニック理事長 松岡伸輔

インビザライン・プラチナ認定 芦屋M&S歯科・矯正クリニック理事長

国立鹿児島大学 歯学部卒業後、京都での10年間の勤務医を通して幅広い治療経験を積む。

2003年に兵庫県芦屋市で芦屋M&S歯科・矯正クリニックを開院。

「原因はわからないけど痛みや違和感がある」、いわゆる不定愁訴を総合的に原因特定していく治療を得意とする

モットーは“患者様、スタッフ、そして自分自身も笑顔で”

芦屋M&S歯科・矯正クリニックは医師全員がインビザライン治療(マウスピース治療)・小児矯正・咬合誘導で秀でているのが特徴。

地域に根差した通いやすい駅チカ歯科でありながら6人の歯科医が在籍する大型総合歯科医院。

インビザライン治療では1年間の症例数実績によって表彰される「プラチナステータス」に公式認定されています。

芦屋M&S歯科・矯正クリニック本院予約 医療法人社団 芦屋M&S歯科・矯正クリニック JR駅前院予約

インビザライン矯正プラチナ認定の芦屋M&S歯科・矯正クリニックのオンライン予約はこちらです。

  • LINEで送る